マカオで一発大勝負?!

マカオファンドがどうなってるのかよくわからないので、香港のHSBCやBOOM証券などに口座開設のついでに、オープンしたてのベネチアン・マカオ・リゾートに寄ろうと実はこの9月に行く計画をしてたんです。

でも、今HSBCが日本人の口座開設を止めているらしく、計画は断念。ふらふら

でも、今朝のNIKKEI BUSINESSを読んでると、またぞろ行きたくなって来ました〜!わーい(嬉しい顔)

マカオで一発大勝負!
“中国のベガス”に本家が進出、世界最大のカジノに賭ける

2007年9月11日 

米カジノ経営大手ラスベガス・サンズ(LVS)のシェルドン・アデルソン会長兼CEO(最高経営責任者)は、賭けではいつも強気、強気である。そのアデルソン氏が一世一代の大博打に出た。

8月28日、中国の特別行政区マカオに「ベネチアン・マカオ・リゾート」をオープンしたのである。巨大カジノ、ホテル、会議場からなる一大複合施設で、総工費はなんと24億ドル。

しかも、これはほんの手始め。2009年末までに桁違いの120億ドルという巨費を投じて、さらに14棟のカジノホテルを建設する計画なのだ。客室数は合計2万室。香港からフェリーで1時間の旧ポルトガル領の埋め立て地、コタイ地区に建設される予定だ。

マカオのホテル施設にそれだけの巨費をポンと投じるのは、いかにもリスクが高いように思える。だが、ラスベガス・サンズのウィリアム・ワイドナー社長兼COO(最高執行責任者)は無謀な賭けではないと言う。「ラスベガスのストリップ(大通り)に2万室を確保するのと同じなんだよ。ストリップのど真ん中が120億ドルでそっくり手に入るなら、誰だって今日にでもカネを振り込むさ」。


う〜ん、やっぱりマカオ行こうかなexclamation&question

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。